« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月30日 (月)

あけまして…(笑

今年初のブログです。(こっそりコピペブログは貼ったけど)

なんだかまだ去年の私の漢字「失」が続いているようで、心身ともに落ち着かない一か月でした。

節分で切り替わると信じて!前に進もうかと思ってます。dash

で、写真を使って一か月のあったこと。

と、写真もあんまり撮ってないので一か月分にしては短文になるかと。coldsweats01

Blog298

こちらは帰省した広島の初日の出。

今年も子ども達とおむ母が早起きして撮りに行ってました。(私は今年も夢の中)

Blog299


春休み中にアートカフェSAKURAで子ども達と抹茶ぜんざいを食べました。

普通のぜんざいもありましたが、全員抹茶好きなので…(おむつまんだけ嫌い)

美味しくて、温まって、3人とも大満足。catface

Blog300

友達にもらったゆずでゆずジャム作りました。

ジャムとして食べてもゆず茶として飲んでも美味しい。lovely

これを私はビールに入れても飲みます。beer

甘いお酒好きにオススメです。

Blog301

最近「かわいい!欲しい!」と思う服が年相応でなく着れないな…と思うことがしばしば。

その中でJr.が着れそうなものは私が買うから着てーと頼むシステムに。(うちのお小遣いルールでは基本服は子ども達が半額支払う)

ちなみに去年はlaundryのブラックジャックコラボTシャツに一目ぼれして買ってしまいました。

買えて満足。しかし着てる息子に小さく嫉妬です。gawk

Blog302


今年もえべっさんに行ってきました。

去年の鯛に金の米俵が追加されてちょっと豪華。

ほんとは毎年返さなあかんのが誰か「人」が決めたルールですが、私のルールで追加されて行く予定。

何年かで自分的にコンプリートできた気になったら返そうかと思ってます。smile

Blog303

Blog304


タワーマンションに住んでいる友達にそこのゲストルームを借りてもらい、大人子ども総勢9名一泊で新年会。

広い和室が2部屋にお風呂、トイレ、キッチン付き。

食べて飲んでしゃべって遊んで寝て。

大人も子どももゆったり楽しく過ごせました。catface

2枚目の写真はおむことM君がトランプしているところを撮ったのですが、なんかおもろい写真になってました。(酔っぱらって撮ってたから後で気づいた)

この翌日Jr.とおむこが英検のテストへ。

初受験のおむこを会場まで連れて行ったのですが、私の思い違いで会場に遅刻するかしないかのギリギリに到着。shock

ただでさえ緊張してたおむこにさらに動揺与えて、面目ないにもほどがありました。

どうか2人とも合格してますように…。

他にもSAKURAで開催されたサロン沙羅さんの保湿リップのワークに参加したり。

でも基本制作と仕事と、それにイレギュラーなことが起こったり、入園グッズの注文が重なったりとせわしない一か月でしたが、来月はライブもあるし、心機一転したいと思います。

↓ブログランキング★よかったらポチッと押してもらえるとうれしいです。heart01

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドショップへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 4日 (水)

叔父の話

もうすぐ削除されてしまうZAQのブログに先日亡くなった叔父の話があったのをたまったま発見。

こっそり今日コピペしてみます。
私の母方の叔父でちょっとかわった人がいる。
嫌いな相手とはまったく言葉を交わさない(これは母から聞いた)らしいのだが子供が大好きで姪の私もよく『叔父流』にかわいがってもらった。

「おっちゃんへび年やからへびや~」
と、舌をベロベロしながらいとこである叔父の子供達と私を追い掛け回したり。
まあそれくらいはよくある遊びなのだが叔父は子供が泣くまで(というか他の大人が止めに入るまで)やめない。

私の家でいとこ同士で楽しく遊んでいる所に仕事が終わってやってくると
「ほれっ」
と週刊誌のエッチな見開きをババーンと開いて私達の目の前に置いたり。

子供ながらに叔父が変わってることはありありとわかった。

そしてカメの話。
ある日我が家の家の前にミドリ亀が捨てられていた。
母に相談したところ水槽のある叔父の家に連れていくことになった。

叔父の家について早速カメを水槽で泳がせた。
せっかくなのでそのままお泊りすることに。

夕方になり叔父帰宅。
晩酌しながら
「おいっ、お前の持ってきたカメ見せてみい~」
ほろよいの言葉に子供ながらちょっと不安を感じつつも言うとおりにした。

すると叔父はためらいもなく飲んでいたピールジョッキーにカメをポチャンと沈めた。

「え~っ!?」
「なにやってんのー!?」
「きゃー!」

とその場にいた叔父以外の人々が騒ぎだした。
しかしそんなことはおかまいなしに叔父はそのビールを
「カメビールや~」
とグビグビ飲みだし、
「ちゃんと泳いでるで~」
とガハガハと笑っていた。

私はカメまで飲み込まれるのではないかと気が気ではなかった。

しばらくしてカメはビール地獄から開放されて水槽へと戻された。

その後何度かカメを見に行ったけれど、中学に入る頃からは叔父の家に行くことはなくなり、今日まですっかり忘れてましたが。

カメどうしてるのかなあ。2005年10月7日 00時46分
2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »