« ハゼ釣り大会2016 | トップページ | 子宮筋腫のこと。手術、入院編 »

2016年10月17日 (月)

子宮筋腫のこと。発覚~入院前編

またも久々ブログ。

でも今回は言い訳あり。smile

先日まで子宮筋腫の手術のためちょうど一週間入院していました。

リアルに会った人には何人か話してたのですが、一週間家を空けることをWEB上で公開するのは不用心とブログネタとしては今まで触れずにいました。

しかしこんなネタ満載なことをそのままにしとくわけもなく、晴れて公開です。smile

注)超長文です。

そしてこの病気はタイミングでまったく受け取り方の違うもの。

私は、もう出産する予定がなかったこと、子ども達もある程度家のことができる歳だったこと、Jr.の受験の時期にかからなかったこと、そして東方神起がいない時だったこと、神様にどのタイミングか選ばせてあげると言われたらまず選びそうなこのタイミング。

そういう意味でラッキーだったなあと楽観しておりました。

そんな緊張感ない状況でのことの報告ブログなので、人によっては不快に感じるかもなので、そうであればスルーしてください。sweat01

今手術しようか考えてる人とか、検診行ってないなーなんて人にも参考になるかはわかりません。

私としての体験報告ブログです。coldsweats01

ことの始まりは今年の3月終わりくらい。

さて寝ようかと布団に入って仰向けになった時、

「ちょっと最近また太ったよなーcoldsweats01

と何気におなかをさすりました。

で、その手が下腹部あたりを触れた時に異変を感じました。

なんか固い?

気になって念入りにチェック。

すると恥骨あたりから上の一部が他の部分と違う感触。

明らかに脂肪ではない感じ。腫れ物のような…。えっ?いつからこんなんできてるん??

そしてここは場所的に子宮やな・・・。

そういえばここ2ヶ月ほど生理がちょっと違和感あったし…。

もしガンとかならきっともう手遅れな感じっぽいなー。sweat02←シロウトの勝手診断

と一人考え、子ども達のことを思い、身辺整理とかも頭に浮かんだものの、これ以上今はわからんから考えてもしゃーない、明日病院に行こうとそのまま就寝。sleepy

そして翌朝いきつけのおじい先生の病院へ。hospital

まずは子宮がん検診を受け、その後超音波。

すると

「おーっ、でっかいのができてるわー」

とおじい先生半笑い。

そこで原因が筋腫だとわかり、それならたぶんガンではないなとなんとなく思い一安心。(って筋腫がなんたるかこの時点でほとんどわかってないのに、おじい先生のリアクションだけで安心した私)

治療はどうするかゆっくり考えーとその場では言われたものの、後でネットで調べると薬での治療の副作用が気になり落ち込む。despair

副作用は更年期障害のようなものとのこと。

それってしんどいわー、何ヶ月もいややなー。sad

それに治療して筋腫を小さくしても薬の投与が終わったら生理が続く限りまた大きくなるとのこと。

急に大きくなったりはしないと先生は言ってたけど、私の中では急にでかくなったような気がして、私は早くでかくなる体質なのかもとまたも超素人診断し、

「まあ、手術でとった方がスッキリするけどな。手術は抵抗あるやろ?」

という先生の言葉に「抵抗ありませんっdash手術したいですpaper」と手術の方向に。

そして大きい病院(大阪府立急性期・総合医療センター)を紹介してもらい、私の中では5月にshineeのライブがあったので6月くらい手術したいなーと思っていたら…

hospital手術予定がぎっしりあること。(ガン患者優先)

hospital筋腫がかなり大きいので(9㎝)少しでも小さくしてからの方がリスクが少ないとのこと。

このことにより予定日が10月初旬に。shock

それでも空きがでたら早くしますよー。きっと早くなると思いますよーhappy01と言われ、その言葉を信じていたのに、結局予定通りに。wobbly

それも薬の投与が嫌で手術にするつもりだったのが、筋腫を小さくするため結局薬も投与することに。wobbly

色んなことが勝手に予定していたものとは変わってしまいました。coldsweats02

最初の3か月はお腹にでっかい注射針でゾラデックスを投与されました。

注射の痛さは全然我慢できるものの、その後やってくるだろう副作用に落ち込みました。

でも最初の一か月はほぼほぼ副作用の自覚なし。

頭痛や耳鳴りなんかはよくありましたが、元々あるのでそれでかどうかもわからず。

でも投与を続けるたびに自覚があったのが発汗、ほてり。

最初の頃はほんっとに小さく心の中で焦ったりするとジッとすこーし体が汗をかく感じが自覚できました。

ほんとにたいした焦りでもないのに心に合わせて体が反応する感じ。

こんなことで焦って汗をかくなんてすんげー小心者みたいーcoldsweats01と最初は楽しんでましたが、月を追うごとにジッがジワッになり、ジワジワーになり、エアコンがんがんに効かせて寒いくらいの部屋でも突然暑くてたまらなくなり、扇風機を当てたくなるほどに。sweat01

でもすぐに収まるし、これくらいの副作用なら期間限定だしと我慢できるくらいでした。

あと気になったのが眠気。

投与して2か月目くらいからつわりみたいな睡魔に襲われることが。

そして集中力も衰えて、小さなミスがあきらかに増えたりしました。

でもこれって副作用?それとも単なる老化か?

どうか副作用でありますように…といった感じ。coldsweats01

イライラしたりもあるそうですが、これまた副作用かどうか?

排卵時期のイライラに比べたらマシな方だったかも?と今となっては思います。

子ども達にも

「薬の影響でお母さんはイライラきつくあたるかもしれないから気を付けて!」

と前もって説明。

うんうん、わかったと言いつつ、思春期のJr.がそれでも私のイライラにぶつかってくるのは仕方ないとして、一番ぶつかってきたのがおむつまんだったのが今考えてもむかつきますが。gawk

「おかーさん、病気だから」

をいい理由に子ども達にはいっぱい動いてもらいました。smile

そして副作用は思ったよりない中、効果はテキメン。

9㎝の筋腫が6㎝に。

「投与のし甲斐がありますね」

という先生の言葉がなんかほめ言葉のよう。catface

8月には麻酔医の先生とも会い、(つい阿部サダヲを想像してしまったけど、若い女医さんでした)手術の説明を受け、いよいよ感。

ところでこの8月から注射がリュープリンに変更。

変更されたせいか、長期間の注射のせいか、副作用がさらに増えてきました。

で、副作用、中にはもともとの症状も含むのではっきり副作用とはいえないものもありますが、ネットで調べた「副作用」と書かれているもので自覚症状があったものををあげると下記になります。

照る(ホットフラッシュ)←これが初期からじわじわと。後半ましに。

 

のぼせる ←ホットフラッシュのあとそのままこの状態になることが多々。

 

肩がこる ←これは前から

 

頭痛がする←これも前から。特にひどくなった感じもない。

 

不眠になる ←後半だけですが、寝苦しくて何度も起きることが何度かくらい。

 

眩暈がする←これも前からだけど久しぶりの回転性めまいあり。

 

発汗する ←ホットフラッシュからエアコンめっちゃ効かせてるのに毎日1~2度汗がダラダラの時があった。

 

視覚障害がある←老眼きてたけど、急激に見えなくなってきた。wobbly

 

情緒不安定になる←きっと副作用のせいだと自分に言い聞かせてたので基本不安定になったら寝るなり気をそらすなりしてコントロールできるくらいの程度。

 

関節痛がある、骨疼痛等の疼痛がある ←後半、リュープリンが始まって一か月足らずくらいから朝起きると手の指が痛くて動かせなくなってた。日に日にひどくなって、起きてしばらくすると指は動かせるけど、痛みが残っていて、布団持ち上げたり、フライパン持ち上げたりが苦痛に。先生に「これは副作用?」と聞くと「副作用かリウマチか」と言われてショック受ける。リウマチて…。shock

 

手指等のこわばりがある ←上の症状から後半起床時はいつも手の指がこわばっていた。

 

腰痛になる ←これは前からだし、そうひどくなった自覚もなし。

 

筋肉痛がある ←後半お尻のあたりにいつも筋肉痛みたいな痛みが。

 

眠気がある ←寝つわりみたいに、何してもどうしようもない睡魔に襲われ、一日や半日寝てることもたまに。

 

イライラ感がある ←懐かしく思うイライラ感。全身の皮膚が一枚ペラッとめくれてても神経が表面に出てる感じ。おむこが小さい時くらいまでよくなってたわー。最近私イライラしてなかってんなーと逆に思った。

 

記憶力が低下する ←誰か副作用だと言ってくれ!sad元々記憶力ないけど、昨夜寝る直前まで覚えてた朝イチのヨガの予定を起きたらすっかり忘れてしまった時は心の中でそう叫びました。そこからはすべての予定にアラームつけるようにしてます。(ヨガの予定はアラームつけるのも忘れてたけどweep)

 

注意力が低下する ←これも元々ないけど、もひとつひどくなった自覚が。ケガやヒヤッとすることが増えた。副作用でありますように…。でないと大けがしそうでこわい…。sad

 

便秘になる ←たまにだけど、以前に比べて増えました。

 

疲労、倦怠感がある ←後半は「しんどいー」が口癖に。

 

脱力感がある ←朝元気だったのに突然脱力感に襲われ半日寝込んだり。

 

手根管症候群になる ←たまに急に手の指がピリピリしびれたり。むくみもひどくて中盤くらいに左手の薬指が急にしびれだして、こわくてその日から指輪は外しました。

 

耳鳴がする ←これは前から。たまにうるさいくらい鳴ってるけど、気にならないほど前からしょっちゅう。

 

体重が増加する ←副作用だと言わせてみせる!dash

 

息苦しさがある ←たまにですが、ちゃんと吸えてないことに気づいて慌てて深呼吸したり。

 

 

と、まあこうやって並べると最初の頃はホットフラッシュくらいだったのに後半あれこれオンパレードやったなあと。でもどないも生活できないほどでもなかったし、内職の仕事もセーブさせてもらえ、心身ともに余裕を持たせる生活ができたので一番恐れていた子ども達にあたることはそんなになかったし、(おむつまんにはあたってた。smileでももっとあたればよかったと思う程度smile)何よりこの機会に子ども達に家族の一員として少し自立してもらうことができたのは一番よかったなあと思ってます。

 

すべて副作用の期間限定だからと自分に言い聞かせつつも、年齢が年齢だけに普通に老化現象かも?と後半不安も。

気持ちが萎えてくることに対抗するのがいちばんしんどかったかも。

でも術後、前からあった症状以外改善されつつある感じです。smile

 

関節痛はまだほんのり残ってるけど、ひどくなることはなく、治ってきてるかなあ?という感じ。

 

まだ傷も完治していないし、一週間あんまり動いてなかったのもあって、少し動くと疲れやすかったりはしますが、基本は

 

スッキリ!shinehappy02

 

これでもう子宮がん検診に行く手間ははぶけたし、はよ全快してこの数か月分取り戻すぞーっと感じです。

 

で、「入院・手術編」に続きます。

↓ブログランキング★よかったらポチッと押してもらえるとうれしいです。heart01

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドショップへ

|

« ハゼ釣り大会2016 | トップページ | 子宮筋腫のこと。手術、入院編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/145901/67170305

この記事へのトラックバック一覧です: 子宮筋腫のこと。発覚~入院前編:

« ハゼ釣り大会2016 | トップページ | 子宮筋腫のこと。手術、入院編 »