« ウルルン滞在記 | トップページ | おむこ0.5才 趣味・ぶちゃぶちゃ »

2006年12月19日 (火)

パッチワークキルトと継続することとの出会い

まのです。

今日はハンドメイドショップらしく手作りのこと。

手作りをしだしたきっかけ。

飽き性な私は幼い頃から何度か手作りを試みたものの、まったく続かず。

なので「まずは形から」で形で終わった形が今もたくさん残っています。

ほとんど使ってないステンシルセットとか

ほとんど使っていない刺繍糸が箱いっぱいとか

ほとんど使っていないフエルトが数十枚とか

見ただけの洋裁の本とか

そんな私が本格的(?)に手作りにはまったきっかけ。

それは20代半ばの頃、当時勤めていた会社で一緒に働いていたKさん。

Kさんは倉庫の荷捌きの仕事をしていた当時50代半ばの女性。

もともと育ちのいいお嬢様らしくとてもお上品。

わけあって離婚されて大阪に戻ってこられ、その会社で働いていました。(私とはほぼ同期入社)

このKさんがすごい方で、

「私ってサザエさんみたいにおっちょこちょいなのよ~」

なんてよく言っていて、娘と歳の変わらぬ私や他の社員の人にもとても低姿勢でとにかく明るい。

そして好きな音楽がボンジョビ、プリンス、スートンズ、その他洋楽諸々。

もちろんライブにだって行くのです。

この会社で働くのも、仕事しながらFMが聞けるということで決めたとか。

私に「ゆず」を薦めてくれたのがKさん。

「若いんだけどいい曲だしいい声なのよ~」なんて。

とにかく気が若い!それも無理せず若い!とてもおしゃれ!そして明るい!

(Kさんの身の上話を聞くとその明るさがただものではないと思うのです)

そしてKさんはその頃からインターネットにもはまっていてオフ会なんかにも参加していました。

と言っても当時はまだ私の世代でも今ほどパソコンが普及されてません。

Kさんも特にコンピュータに詳しいわけではなく、地道に勉強しながらパソコン使っておられました。

そんなKさんは私にとって憧れの母的存在。

Kさんにメールを送る時は

「Kママへ」

なんて書いていました。

そんなKママが私に教えてくれたひとつがパッチワークキルト。

存在はもちろん知ってたけれど、見たたげでやろうと思ったことなど一度もない。

でも

「大丈夫よ、一番簡単なのからはじめたらいいのよ♪」

と貴重な休憩時間に教えてくれたのがログキャビン。

Dscf0478

他のものと違ってパーツを作るのがとても簡単なものです。

しかし生地の合わせ方、パターンの合わせ方を変えるだけで表情がまったくかわるこのパッチワークにみごとにはまった私。

気が遠くなるほどの長い手縫い作業もやってみたらまったく苦にならず。

「ミシンキルトもあるけど、手縫いの方がだんぜんいいのよ」

とのKさんの言葉どおり、手縫いにはなんともいえない暖かさとか良さがある。

師匠がよかったおかげで私はどんどんパッチワークキルトの世界へ。

というかログキャビンの世界へ。

おむつまんに

「お前、この形しか作らへんの?」

と嫌味を言われるほどログキャビンばかり作ってました。(恥

そしてその次に教えてもらったのがパフ。

Dscf0211

これまた簡単だし、出来上がったもののふわふわ感がたまらない。

友達の出産祝いにこれでお布団作ったりもしました。

Kさんの作品はもちろん色んなものを作っていて、離婚前に住んでいた家のご近所さんだった某有名料理研究家の方ともお知り合いだったそうで、彼女がKさんの作品を気に入ってお家に飾られたりしていたそうです。

もろちんKさんの子供さんたちのベットカバーや壁掛けなんかもKさん手作り。

普段すぐ飽きる私にキルトを通して自分でも継続することができるということ、そして継続することの楽しさ、醍醐味を教えてくれたKさんにはとても感謝しています。

今はミシンがメインの生活ですが、時々手縫いすると

「やっぱり手縫いはいいなあ」と一人納得しています。

ちなみに「ログキャビン」の写真はJr.が生まれる前におくるみとして作ったもの。

しかしおくるみにしてはデカすぎました(爆

赤ちゃんの小ささをまったくわかっていない初産ならではの失敗ですね。オホホ

「パフ」は友人の出産祝いに。

どっちも古い作品なのでかなり恥ずかしいですが・・・。

こんなん書いてたらまたパッチワークしたくなってきました。

|

« ウルルン滞在記 | トップページ | おむこ0.5才 趣味・ぶちゃぶちゃ »

コメント

パフってかわいいですね^^。
もし、時間と余裕があったら…みたいな気持ちにさせるかわいさでした。

投稿: てん | 2006年12月19日 (火) 16時22分

パッチワークって気長に出来る人しか出来ないですよね?
イラチな私はすぐに成果を求めてしまうので出来ません(>_<)
まのさん、スゴイ!!
継続ってのも、なかなか真似出来ない。(飽き性な私・・)

投稿: ぴーちゃん | 2006年12月19日 (火) 17時35分

可愛いよね。
でも、私も根気ないので出来ません。
先ず、同じサイズに裁断するところからしてだめです。
だめだめです。

投稿: おおざっぱ | 2006年12月19日 (火) 17時47分

てんさま

パフいいですよ♪
おむこにも作ってあげようと作りかけたまま・・・。(爆
薄手の夏布団って感じなので来年の夏までに完成させたいなあ・・・(汗

投稿: まの | 2006年12月19日 (火) 18時29分

ぴーちゃんさま

私も思ってました!
イラチな私には無縁だと。
しかし、相変わらずイラチなんですが、それでもできるんです。
コツは完成までのことを考えないこと。
ひとパーツできることで小さい完成。
これを何度も繰り返すと大作に。
だまされたと思って一度やってみませんか?
簡単なものならお教えしますよ~。
ぜひパチ友に(ギャンブル友達みたい?)

投稿: まの | 2006年12月19日 (火) 18時33分

おおざっぱさま

ログキャビンなら縦の長ささえ図れば後は横幅は布の幅分とれるだけ。
めっちゃ簡単です!
それも面倒な私はものさしの幅にあわせて作ったりしていました。
ほんっっとに簡単なんです~っっ。

投稿: まの | 2006年12月19日 (火) 18時37分

みんなのコメントがおかしい。
ジグゾーパズルが好きな私は出来そうなきがする。

どこぞの国でおばさん達がパッチワーク囲んで
楽しく話しながら作ってるの見た事あるけど
年寄りになったら皆でしますか!(爆

投稿: にしま | 2006年12月19日 (火) 18時53分

私もジグゾー大好き人間です^^!
あの永遠と続く地道な作業の後の完成は
なんともいえませんねぇ^0^♪

是非、今度作りかけでもいいのでパフ見せてね~♪

投稿: てん | 2006年12月19日 (火) 19時31分

にしまさま

大作をみんなでしゃべりながらチクチク・・・。
あれ?大人数で何時間もやってるのに進んでない~。
手動かさずに口ばっかり~
みたいなのを想像してしまいました。
楽しそうだわー(喜

投稿: まの | 2006年12月19日 (火) 19時53分

てんさま

いいですよー。
また落ち着いたらてんさまもぜひ!
結構一番はまりそうな気がします。(^-^)

投稿: まの | 2006年12月19日 (火) 19時54分

私もジグソーは好きだけど、一気型(-_-;)
チマチマやって、完成させるのが醍醐味なはず・・
全然ダメじゃんっ!
OL時代にはまって、立て続けに5枚完成させ、燃え尽きた(笑)
やはり飽き性か(>_<)
ばあさんになってから、口ばっかり動かすチームで参加します。

投稿: ぴーちゃん | 2006年12月19日 (火) 21時41分

ぴーちゃんさま

なんだか口ばっかり動かすチームしか集まらなさそうです。(涙
そういう私ももちろんそういう場では口が動きます~。
そして手は身振り手振りいれてしゃべるために使われそうです。

投稿: まの | 2006年12月20日 (水) 10時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/145901/4600798

この記事へのトラックバック一覧です: パッチワークキルトと継続することとの出会い:

« ウルルン滞在記 | トップページ | おむこ0.5才 趣味・ぶちゃぶちゃ »