« BGM | トップページ | おむつまん的教育? »

2006年9月17日 (日)

行ってきました。「プチ・ポワンの一日」

まのです。

予定通り行ってきました。手作りフリマ「プチ・ポワンの一日」 

いいお天気でしたが台風も来てるみたいだしおむこも首がすわったとはいえまだまだ危ない感じなので自転車はあきらめてリッチ☆にタクシーで。(1メーター)

一度会場に行ったことのあるおむつまんの情報によると「遠いで、歩きは無理」とのことだったんですが、ベビーカーでなら全然行けそうな距離でした。

どうやら方向音痴のおむつまんはかなり遠回りして行った様子・・・。

それに駅からもすごく近くて南海の岸里玉出駅から徒歩1分くらいのところでした。

まず目についたのが会場前での金魚すくい。

1回100円で5匹までお持ち帰りOKで袋も無料。

今時そんなところがあるなんて~っっ♪

一人でテンション上がって

「Jr.! やる?金魚すくいやる?!」

と強引な感じでポイを持たせる。

というのも昨日Jr.に

「金魚すくいしような」

と言うと

「Jr.、きんぎょすくわれへん」

どうやら夏休みに田舎で金魚すくいをやったもののうまくすくえなかったらしく自信喪失。

しかしここのポイはすごーく丈夫でそんなJr.でもまとめて3~4匹すくえるほど。

「すごーーーい!うまーーーい!!」

とここぞとばかりにホメまくる私とおむつまん。

そんな親らしいことをしながらも実は自分もやりたくてうずうずしていた私。

しかし子供ばっかりの中、ちょっとこっぱずかしいのでどうしよう・・・と思っていたらJr.のポイが破れてしまった。

破れたポイにすくうのを諦めたJr.から「しょうがないなー、貸してみ」とバトンタッチ。

おむこ片手に4~5匹すくって、ひとりで満足。(誰も誉めてくれなかったことにちょっと不満足)

5匹もらってメイン会場へ。

出口のところには実店舗もある子供服屋さんのコーナーが。

デビルマンのかわいいトレーナーにものすごーーーく惹かれたもののサイズは80、Jr.には小さすぎるので諦める。

そしてうちの作家さん達とユーニノイさんに挨拶。

その他作家さんもご近所の人が多かったらしくて、まるでミクシィのように友達の友達の友達・・・みたいな感じのようでした。

それで会場埋まるほど作家さんが集まるのがすごい。

布雑貨が多い中、アクセサリーものやケシゴムハンコなどなど。

かわいいし、みんな作品はもちろん店作りもすごく上手。

あれこれ作品見ながら、作家と話しながらウロウロしている間、Jr.はキッズコーナーの端っこで固まっていた。

他の子供達と遊びたいけどどうしようかと思案しているのか、単にぼーっとしているか。

私はこういう時、戸惑い、孤独と焦りを感じ、誰か私を誘ってくれないかと待っている子供だったので見てるとかわいそうになってくる。(でも遠目で見てるだけ)

私なら退屈でも親の側にいるのになあと思って何度かチラチラJr.の方を気にしていると、いつのまにやら他の子供達と一緒に楽しく走り回っていた。



すごいなあ、Jr. 私とは違うんだなあとしみじみ。


そしてまたしばらくすると一緒に走り回っていた子供達はどこかに行ったらしく、Jr.が一人で走り回っていた。それも先ほどと変わりなく楽しそうに。



・・・・変わってんなあ、Jr.。さすがおむつまんの子・・・


寝ていたおむこも目を覚まし、お腹空かせてそうなので帰ることに。

走り回ってるJr.に帰るよと声かけると寂しそうだったが「またタクシー乗るで」と言うと目の色が変わった(車大好き)

「外で豆腐ドーナツ売ってるで。美味しいから食べていき~」

とユーニノイさんに教えてもらいお土産に買って帰りました。

これがホント美味しかった!

豆腐入れたらこんなにふんわりなん!?

ぜひとも家でもやってみよーーー。

Ant01Chicu02_1Liberte01






撮影・おむつまん

|

« BGM | トップページ | おむつまん的教育? »

コメント

盛況だったようですね。
行きたかったなぁ・・そっちに・・。
ま、さておき。

我が子が自分にないものを持っているって発見したときって、
少し、ドキッとするよね。
運動音痴で、根気のない私なので、
娘にもそういう目で見ていたら、
自転車練習で、転んでも転んでも楽しそうにしていて、
あっという間に乗ってしまった姿を見て、
ちょっとショックでした・・。

だんなのDNAも受けていたよね・・、忘れてた。
でも、だんなに根気があるとも思えないっっ。
娘個人の特性なんだろうけど、
ここは私似、そこはだんな似、
なんて、解説してしまう自分がいます。

投稿: おおざっぱ | 2006年9月17日 (日) 21時41分

おおざっぱさま

そうなんです。
私に似たところ、おむつまんに似たところ。
そしてどちらでもないところ。
他の誰でもない一人の人間なんだなあと、当然のことなんですが実感した瞬間でした。

寂しくもあり、うれしくもあり。
そして面白くもあります。(笑

投稿: まの | 2006年9月17日 (日) 22時09分

やっぱり行けなかった。
ゴメンよー。
ごろごろしてたら行ったんだけど(言い訳です)。

子供のコトで一番理解できなかったのは食事。
前回の話題になって・・まいいか。
一番問題なのは小1の子だ。
食べない、こぼしまくる、テーブルに背を向ける。
人生最大の楽しみをこの歳で拒否。
楽しそうに食べているのを見たことない。
どうにかしようと言う気も無くなったけど。
どーなってるんかな?と思うね。

投稿: にしま | 2006年9月18日 (月) 09時18分

にしまさま

次回はぜひ行ってみてください。
金魚すくいは他の場所でいつもあるそうです。
今度詳しく聞いておきます。

食べることは私も子供の頃は興味ありませんでした。
でも今は楽しいと思えます。
この違いはなんだろうと今思案中です。

投稿: まの | 2006年9月18日 (月) 09時46分

作品の見せ方、かわいいね~。
さすがっ!

子供ってほんとに面白いよねーー。
口癖や言い方をマネされると、ちょっと反省したり。
ホントに自分を映す鏡って言うのも分かるなあ・・

投稿: ぴーちゃん | 2006年9月18日 (月) 10時56分

ぴーちゃんさま

ディスプレイとか苦手な私にはプレッシャーでした。

Jr.がおむつまんを叱る姿は私そっくり・・・。
反省する反面笑ってしまいます~。

投稿: まの | 2006年9月18日 (月) 18時59分

ご盛況だったようで・・・行きたかった~。(涙)
子供の頃、キッズコーナーが苦手だったので、
Jr.の社交性に頭が下がります。

そして一人で走り続ける持久力にも。(笑)
おむつまんさまのような大人になるのでしょうかね~。

投稿: こつぶ夫人 | 2006年9月19日 (火) 09時14分

こつぶ夫人さま

私もキッズコーナーが苦手な子供でした。
「みんなと遊んできたらいいやん」
という母の私の気持ちを察してない気遣いに半泣きになりながら母にまとわりつく子供でした。
そしてそのうち母が面倒見のよさそうな子供に声をかけて
「まのちゃんと遊んであげて」
と言われたりすると、それはそれで恥かしくて恥ずかしくて。
でも遊びたい気持ちはあるのでうれしくもあり。
しかしそのうち子供達が遊びに夢中で私のことを忘れられたりするとまた半泣き状態に・・・。
ややこしい子供でした。(涙
なので一人で楽しく走り回るJr.はうらやましく、そしてちょっと理解不能だったりします。(爆

投稿: まの | 2006年9月19日 (火) 10時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/145901/3476805

この記事へのトラックバック一覧です: 行ってきました。「プチ・ポワンの一日」:

« BGM | トップページ | おむつまん的教育? »